前へ
次へ

肩こりの原因と対処法を知っておこう

肩こりがつらいときは血行不良を引き起こしている可能性がありますから、じっくりと身体を温めてみてください。
いつもより長時間湯船に浸かるようにするだけで、血行やリンパが促進されて痛みが解消されることが多いです。
身体が冷えていると痛みが発生しやすいので、冷え性体質の人は身体の芯までじっくりと温活しましょう。
温活は血液やリンパの循環をよくするだけでなく、免疫力を高めて痛みが発生しにくい身体に変えるメリットもあります。
同じ姿勢をずっと続けていると、肩こりや頭痛・首痛などが生じやすくなりますが、これらはすべて同じ理由で発生します。
それゆえ痛みを放置しておくと周辺に広がってしまい、さらにつらい状況へと変化していくのです。
痛みは肉体的につらいだけでなく、精神を不安定にするデメリットがありますから、仕事や勉強・家事などにも悪影響を与えます。
仕事がうまく進まない、勉強に集中できない、といった場合は痛みが原因かもしれません。
現代人は非常に肩こりが発生しやすいと言われており、これには生活習慣の乱れが関係しています。
例えば不規則な食生活が続いていると、胃腸を冷やすことで免疫低下を招くことがあります。
胃腸は健康維持の要と言われる臓器ですから、いつも健康にしておく必要があるでしょう。
不健康が習慣化すると免疫力が低下し、痛みが発生しやすい身体になっていきます。
身体をあまり動かさない人、運動をする習慣がない人などは特に注意してください。
肩こりを解消するためには身体を意識的に動かすことが必要になり、それにより筋力を強くできます。
筋トレをして筋肉を柔軟にしておけば痛みが発生しにくくなりますし、再発を防ぐことも可能です。
ただ無理な筋トレをすると筋肉痛が強くなり、まったくの逆効果になるので注意してください。
筋トレは毎日行う必要はなく、筋繊維の修復を考えると2日に1回のペースが好ましいです。
筋力が強化してくれば冷え性対策にもなるので、冷え由来の諸症状を予防できるでしょう。

裏DVD
を探すなら裏DVD・裏BD販売のannaに決まり!70,000タイトルの品揃えからあなたのお気に入りがきっと見つかります!

Page Top