前へ
次へ

重くてつらい、肩こりの原因とは

肩こりは、現代人が悩んでいる症状の一つです。
たかが肩こりと思っていると、いずれ大きな代償を払う可能性もあります。
一般的な症状は、肩にだるさがあったり動かしづらかったりがほとんどでしょう。
それがひどくなる、つまり重症化すると常に痛みを持つようになるケースもあるようです。
また、手指のしびれや肩の張りといった、いろんな部位に支障が出ることもあります。
肩こりは、肩や背中周辺の筋肉と密接に関係しています。
肩は頭を支えている箇所でもあるので、ただでさえ負担がかかっている状態です。
要は緊張状態であり、それが継続した場合血流が悪くなります。
血の流れが悪化した結果、肩こりにつながるというわけです。
症状や過程について説明しましたが、次は主な原因をピックアップします。
代表的なものは、同じ姿勢・目の疲労・ストレスとなります。
3つ挙げましたが、どれも日常生活で関係していることばかりです。
例えば、スマートフォンをいじるときずっと同じ姿勢になりがちですし、デスクワークでパソコン作業をするときは、長時間椅子に座ったままなんて普通にあります。
また、どちらも目を使うため、より負担がかかっている状態です。
そして意外にも、ストレスも起因します。
現代社会において、切っても切れない相手なだけに適度にストレス発散したいものです。
予防するには、同じ姿勢を取り続けることや疲労の蓄積を日頃から避けていくことが重要になってきます。

Page Top