前へ
次へ

肩こりの症状と改善方法

肩こりとは、肩の筋肉が硬くなっている状態をいいます。
肩の筋肉の疲労などが原因で、血流が悪くなっているために硬くなります。
このような状態になると、慢性的な、不快感を覚えるとともに、動かすことに苦痛に感じることもあります。
肩こりは、放置すると慢性化したり、頭痛まで生じるようになるなど、生活の質が悪化します。
そうならないためには、早めに症状を改善させることが大切です。
肩こりを改善するには、温めることが一番です。
お風呂に入ってゆっくりと浸かり、肩を温めると血流が良くなります。
お風呂は誰でもできる改善法なので、まずはこの改善法を試してみましょう。
また、タオルを熱いお湯に浸けて絞ったものを肩に乗せるのも効果的です。
血流が良くなれば自然と柔らかくなるので、症状は改善されます。
その他、日常で気をつけたいのが姿勢です。
肩や首を動かさないと肩がこりやすくなるので、長時間じっと動かない姿勢でいることは避けましょう。
適度に肩や腕、首などを動かす習慣を身につけると、肩こりになりにくくなります。

Page Top